あなたの腰痛のタイプはどれ?

腰痛といっても、人それぞれでいろいろ症状がありますよね? 

テレビの健康番組で、いろいろ体操や知識が増えていますが

自分の状態を知って、それにあったものを試すのがいいと思います

ちょっと作ってみましたので、興味のある方はどれに当てはまるか

やってみては?

①  座って長いと痛い(うけ腰)/ 前屈み、捻じると痛い / 朝が痛い/ で痛む
②  長く立ってると痛い(反り腰)/ 斜め後ろに反ると痛い  / 動き始めが痛む
③  立ち上がり動作中痛む /  同じ姿勢でいると痛い
④  お尻の後ろの骨のあたりが痛い /  しゃがみこんでいると痛い 
⑤  痛み・しびれがお尻~足にくる

答えはこちら↓

①  クッション(椎間板)が原因:ヘルニアなど
②  腰の関節(椎間関節)が原因:狭窄症など
③  筋肉が原因       :ぎっくり腰など
④  骨盤の関節(仙腸関節)が原因
⑤  神経が原因       :坐骨神経痛など

 

以上のように 自分で感じる症状以外にも、

圧痛のでる場所、痛みの範囲に加えて、特殊なテストをしたりすると より正確になります。

また、複数の原因が重なることもあるので

参考にしていただければと思います。

最後に、

本当の原因は、背骨、骨盤などが不安定な状態にあること。

不安定な体を支えるため筋肉が緊張。

その結果、骨、クッション、骨盤に負担をかけて痛みが発生。

だから、痛いところ+全身みること を大事にしてます!!


カテゴリ:
タグ:



関連するほかの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です