狭窄症による足のしびれがとれた

患者さんから感想を頂きました。

「整形に4ヵ月ほど通院されていたが、左足のしびれが

なかなかとれない状態が続いていた。

当初は、ももの外からすねのしびれでしたが、足うらもしびれて

歩くのも困難になってきて、心配してた。

4回目くらいから、足うらの感覚が戻って、足全体が軽くなり

普通に歩けるようになった」

という喜びの声を頂きました。

とはいっても、歩く姿勢がまだ不安定で距離が増えると

症状がどうなるか、これから体幹や胸椎などを重点的に診て行きたいと思います。


カテゴリ:
タグ:



関連するほかの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です