狭窄症の患者さん

狭窄症による腰の痛み

症状は、腰を反ると痛い。

以前から、お尻やすねが痛かったが、

1万歩も歩いたら今度は腰が痛くなった。

姿勢をみると、ネコ背で、やや反り腰、膝をまげていました。

体の前面が縮んでいるようなので、前面の筋肉、骨盤周りの筋肉を治療すると

腰の痛みは和らぎました。

ただ、2回目は、お尻、すねの痛みが戻ったということで、

椎間板や体の後面の筋肉を施術しましたが、朝一番が痛いとのこと

お尻の筋肉、膝うらの筋肉を丁寧に和らげると10→3くらいに

すると、今度は、足裏(つま先)の感覚がおかしいのがあるとのことでした

脳は一番痛い所、気になるところだけを意識する=それ以外のところは辛くても無視する

ので、一番つらい所が楽になると、二番目につらい所が気になってくるんですね


カテゴリ:
タグ:



関連するほかの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です