ぎっくり腰の患者さん

ぎっくり腰の患者さん

以前ぎっくり腰をされて

その後、MRIを撮って椎間板障害だと診断を受けたが、自然に痛みはとれた

今回は、ゴルフをやってる最中に痛くなり、マッサージを受けてさらに悪化

来院時は、壁につかまりながら、倒れこむように座っていましたが

帰る際は背筋も伸びて、普通に歩いて帰られました

症状は、座ってて痛い、もも上げをするとそけい部も痛い、右にカラダを捻じると痛い

横向きで寝てても、同じ姿勢が続くと痛い、前かがみで痛い・・・

痛い痛いの連続でしたが、

横向きでももを浮かせるとらく、お尻を圧迫するとらく

座っていて、だらんとしてると痛く、骨盤を起こすのも痛いが起こしてしまうとらく

などらくな姿勢や圧迫するとらく(=その筋肉が原因の一つ)な場所が増えて

治療箇所は

内転筋(内もも)、腸腰筋(そけい部)、殿筋(お尻)、多裂筋(背中)

さらに、お腹や骨盤の表面(痛みに過敏になっている)なども治療しました

まだ、姿勢の分析や、立ってからの動作はみれていないので、

できるようになってから進めていく予定です。

全体をみると、お腹の力が抜けていて、

股関節や足まわり、背中の緊張が強いパターンです。

股関節や背中で体を捻じるのが本来の体の使い方なのですが

腰で捻じるくせがあるようで(椎間板が傷つきやすい)

さらに、ゴルフで悪化させてしまい、

マッサージでお尻や背中だけゆるんだので、内ももやそけい部の緊張とのバランスが悪くなって

さらに悪化したのかもしれません。

40代の方ですが、50代くらいまでは椎間板の症状が出やすく

(椎間板は水風船のイメージ。年齢とともに、水分が減って痛みは減るが、動きが狭くなる)

それ以降は、狭窄症になりやすいので注意が必要ですね!!


カテゴリ:
タグ:



関連するほかの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です