ワクチンではなく、もともとは遺伝子治療薬だった!?

おもしろいブログを紹介します。

https://prettyworld.muragon.com/entry/10.html

2020年12月25日のブログ

「コロナの存在証明はない」厚労省が実質認める

ウイルスの分離の成功というのは、存在証明になる。

しかし、国立感染症研究所は、発表後すぐに取り下げている。

(国内むけのHPには残しているが、genbank という国際的なHPでは削除している)

ちなみに、アメリカCDCでさえコロナが分離されていないことを認めたそうです。

(カナダ保健省もイギリス保健省も、分離に関する情報を持っていない)

2021年1月27日のブログ

危険な遺伝子治療薬「ワクチン」と言えば免責に

船瀬俊介「コロナワクチンの罠 正体は恐怖の「遺伝子治療」だ」という本でも書かれているそうです

 

2021年 2月9日のブログ

コロナの明確なデータは国にはない

文科省、厚労省ともに「コロナの明確な根拠(データ)は国にない」

 

「PCR陽性=ウイルス感染性の証明ということではない」

 (2020年12月2日参議院での答弁 佐原 医療技術統括審議官)

「無症状者から感染したと証明される論文は見つかりませんでした」

 (2020年9月30日 大田区議会での 感染症対策課長の答弁)

「PCRがコロナを検出している論文はあるのか?、新型コロナの存在を証明する論文はあるか?」

 という問いに対して、「探すことができておりません」(存在しないということ)

 (2020年11月30日 日野市議会での 健康福祉課長の答弁)

↓↓↓  下のブログを読んでみてください。

https://prettyworld.muragon.com/entry/10.html

 

海外の医療関係者の意見

 

日野市議 池田利恵さん(下の動画の内容を要約しました)

子宮頸がんワクチンの危険について

2010年の製薬会社の特許切れ対策として、2009年新型インフルパンデミック騒ぎを起こし、

ワクチンの特例承認、税金によるワクチン接種を引き起こしたのではないか?

(ヨーロッパでは、新型インフルより、ワクチンによる死者の方が多かった)

日本はワクチン1126億円分を接種する必要のある患者さんがいないため、全て破棄。

その後、日本政府がワクチン接種を推奨しないため、

WHO,ブッシュ元大統領、CSISなどから圧力が日本へかかった

 

今回の新型コロナも同じような流れ

ここからは、自分の考えですが

法律の世界では「政府は悪をなさない」という前提があるそうです。

近代政治学の祖といわれる、マキャベリは「権力は悪である」といいます。

権力を握るには、悪に染まらないと、もしくは取引をしないといけない。

いい悪いの問題ではなく、現実はそうだ、という話。

歴史をみてもそうですし、

今、現在もそうです。

アメリカ不正選挙、ビッグ5(GAFAMにパンティアも含めると6)、ビルゲイツ・・

などのいろんなウソ、悪事が明らかになりつつある。

しかし悪事を隠すため、真実を暴き立てるものを陰謀論者と呼んで、その影響を最小限に抑えようとする。

(あるいは、脅したり、そちらにとりこんだりもする)

海外だけでなく、日本でも同じ

第二次世界大戦中、

短波放送、諜報組織、撃墜されて捕虜となった米軍パイロットからの証言などによって

原爆投下が分かっていました。(司令部は前もって移転しており、残されたのは親米派の中将)

しかも、陸軍は広島市長の反対を振り切ってまで

学徒動員をかけて、わざわざ広島へ招集したのはなぜでしょうか?

また、海軍の情報将校は当日の朝、逃げるように広島から立ち去ったのはなぜでしょうか?

 

(詳しく知りたいかたは、「原爆投下は予告されていた」古川愛哲 )

昔も今も変わらないのはないでしょうか?

エリートはエリート同士のインナーサークルがあり、その仲間は皆でかばいあうようです。

(日本軍 大失敗した後も、一度予備役などに左遷させられたあと、また昇進していく例が多数あり)

(池袋暴走事故の後、「上級国民」という言葉がはやりましたが、的を射た表現だと感じました)

国内おいてもそうですし、

アメリカへ留学するエリートたちは、向こうで秘密結社に入ると、出世コースに乗れるようです。

そのかわり、一生抜けられないし、秘密を漏らしたり、抜けようとすると殺される。

(スタンリーキューブリックの遺作 「アイズワイドシャット」でその世界が一部描かれています)

 

ドイツの弁護士(下の動画の結論)

これから訴訟を起こすが、

①(対策の科学的根拠がなく、法的根拠もなく権利を侵害している)コロナ対策は、憲法違反

②詐欺罪(ドロステン(新型コロナ用に検査システムを開発)、ヴィーラ―RKI研究所所長、WHO)

の三者に損害賠償請求

③PCRの欠陥商品としての集団訴訟

などを考えている。


カテゴリ:
タグ:



関連するほかの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です