腰痛の原因が首にあった患者さん

腰痛の原因が首にあった患者さん

腰を反らすと左が痛い、ももの後ろが常に違和感があるという症状

左を下にして横になるとらく、殿筋、内ももを圧迫するとらく

なので、内ももや殿筋といった筋肉がメイン

坐骨神経ライン(腰からお尻、ももの後ろにかけて)の違和感があるので、

とれなかったり、痛みが戻るようなら

その神経に沿った筋肉や椎間板も含めて評価をしていきます

ただ、今日の患者さんは、左手指がつっぱり、右手指はばね指といった症状もあり

(甲状腺のクスリも飲んでいるので、その副作用による手のふるえもあるようなのですが)

首や肩まわりも見ようと思っていたところ

腰を反る動作をみると、胸から上が前におじぎしたまま腰だけ反っているではありませんか

そこでテストをしてみると、頭や首、胸の筋肉でも腰の痛みがとれました。

全身からみると、そり腰で頭がやや前にでた姿勢で、そのまま腰をそると反ったところが

さらに反るので痛い

やはり、お腹の安定も図っていかないと、症状が戻りそうなので

まずは殿筋やうちももといった筋肉

次は、頭、首、胸の筋肉

痛みが戻るようなら、坐骨神経ラインの筋肉や椎間板

さらにお腹の安定を図って

手の症状が気になるなら首~胸~手のラインといった具合に

段階を踏んで治療を進めていきたいですね


カテゴリ:
タグ:



関連するほかの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です