整形外科と当院の違い

仮に腰痛だとしましょう。

 病院だと

① レントゲンを撮る、

骨に異常がない場合はシップや痛み止めを処方

③ 症状が重い場合は手術

 

では、当院ではどう捉えるか・・・腰痛の大半は動作痛が多いので

動作を分析

姿勢からくるゆがみを手技等で改善

③ 結果、楽になる

 

どちらが良い悪いではなく、治ればいいという話になると思います。

 

しかし、治るまでのプロセスがとても大切です。

そもそもなぜ、腰痛になってしまったのか?

それは自分の「姿勢からくるカラダのゆがみ」に問題があり、

それが解決しないと症状は繰り返されるのです。

 

患者様の大半は、痛いか痛くないかのみにフォーカスしますが、

 痛みの前に、関節の動きの制限(動きずらさ)が起きています。

 

関節の動きの制限が起きると・・・

 ① コリという症状に感じる

② 動きが鈍く感じる

③ 何も感じない

 

実は関節の動きの制限は・・・

 

  • レントゲンでは動きがわからないことをご存知ですか?
  • 制限の見方があるので自分で知ることは難しい。

 

つまり当院では、姿勢や関節の動きを重視した調整をします。

 「悪い姿勢⇒ゆがみ⇒関節の動きが悪くなる⇒痛みになる」

 

痛みには理由がある、その根本を解決することが再発予防につながります!

 根本解決をしたいのなら当院へ!


カテゴリ:
タグ:



関連するほかの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です